リカバリーディスク作成サービス

リカバリーディスク作成サービス

リカバリーディスク作成サービス|パソコン修理山口

現在販売されているパソコンには、「リカバリーディスク」が添付されていません。

万一の際、購入時に戻す必要がありますので、リカバリーディスクは必ず作成しておきましょう。

Windows10にアップグレードすると、機種によっては、リカバリーディスクが作成できなくなりますので、アップグレード作業の前に、必ず作成しておきましょう。

また、現在の状態を内蔵HDD以外のメディア(増設HDDor外付けHDD)等にバックアップしておくことも重要です。

リカバリーディスクとは?

リカバリーディスクの必要性

リカバリーディスク作成サービス|パソコン修理山口

Fujitsuから購入したリカバリーディスクセット

以前のパソコンには、必ず添付されていた「リカバリーディスク」ですが、最近は、価格を下げるため、添付されることはなくなりました。

使用していて、何もトラブルが発生しなければ、必要ないのかも知れません。

しかし、HDDが故障した場合やWindows10へのアップグレードを失敗して起動不能になった場合には、リカバリーを行い「工場出荷状態」に戻す必要があります。

HDDが壊れた場合やWindowsをアップグレードすると、作成不能となり、メーカーから有償で取り寄せることになります。
結構な金額(7,000円~15,000円)になりますので、是非作成しておきましょう。

特にToshibaはリカバリーディスクの販売を行っていませんので、作成は必須です。

リカバリーディスクとバックアップの違い

バックアップ作成|パソコン修理山口

EaseUS ToDo Backup動作画面

リカバリーディスクが工場出荷状態に戻すのに対し、バックアップは「現在の状態を保存」しておくことです。

バックアップソフトはWindows標準のものがありますが、できれば、サードパーティ製を使いたいところです。

万一に備えて、「起動ディスク」を作成できたり、HDD→SSDの変更時に「最適なクローン」が作成できたりと便利な機能があります。

無料で提供され「ダウンロード」できるソフトもあります。

当店では「EaseUS ToDo Backup」の使用を推奨しています。
有償登録すればフルバージョンになりますが、通常使用するうえでは、無料版で十分です。

バックアップは、DVDやBlu-rayにも作成できますが、データ量が大きいため、やはり「外付けHDD」や「増設したHDD」に作成・保管するのが簡単で処理も速いですね。

リカバリーディスク作成代行サービス

リカバリーディスク作成|パソコン修理山口

リカバリーディスクの作成方法は、機種によって異なりますが、メーカー指定の方法があります。

機種によっては、購入時、最初に起動した時に作成を促してくるのですが、最近はそうでもないようですね。

「作成の方法がわからない!」

お任せください。

重要なリカバリーディスクの作成代行をいたします。

出張でも作成しますが、パソコンをお預かりさせていただければ、写真のようにラベル印刷して納品いたします。

ご相談ください。

お問合せはこちら

お問い合わせ|パソコン修理山口

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

083-609-1095

受付時間:9:00~18:00
休日・夜間・緊急時:080-3147-7438

PayPay使えます

修理代のお支払いに、PayPayが使えます。
登録済みのクレジットカードも使えます。
5%ポイントバックされます。

お問い合わせ|パソコン修理山口

お問合せはお気軽に

083-609-1095

080-3147-7438

休日・夜間の緊急時は上記携帯番号へどうぞ。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。下記フォームから、お気軽にご連絡ください。

店主あいさつ|パソコン修理山口

店主:植木 友晴

私が訪問診断いたします。
親切・丁寧な対応をモットーとしております。
お気軽にご相談ください。


古物商許可証
第7411210004999号
山口県公安委員会